熱中症にならないために

日本の夏です~、むし暑い! 太陽が顔を出すと、一気に暑く、

雨が続くと、気分もやもや・・・

今年も熱中症で搬送、水分補給はしていたのに・・・

突然みたいに思われますが、体調を整えておけば防げたのでは・・・

体調を整えるとは、自律神経バランスを正すことと云えます。

この夏を楽しみたい方・責任感の強い方は、体調管理第一。

ご自身でもなかなか気づけない神経叢の点検・整備を

しておくといざという時、乗り越えられます!

そして、毎日の水分と栄養補給・適度の運動・質の良い睡眠。

我慢や無理を続けて頑張った体に、優しい時間が必要です。

過信も厳禁。異常気象、天災には敵いません。

普段からの備えは、物資だけでなく、ご自身の気力体力の維持が肝心です。

 

熱中症とは暑さによって塩分のバランスが崩れたり、

体温の調節機能が悪くなり起こる障害のこと

症状は めまい・立ちくらみ・嘔吐、重度になると

、けいれん・ふらつき・意識低下など・・・

体には、体温を一定に保とうとする働きが備わっています。

暑さによって体温が上がると、

自律神経が働き、汗をかいて、体温を下げます。

自律神経の働きが悪い体では、汗が出にくくなり、

熱が溜まってしまいます。

自律神経と筋肉は、とても深い関係にあり、

不調に悩む人は、筋肉が緊張しっぱなし状態です。

熱中症には、水分の補給は必要ですが、

自律神経のバランスを整えておくことが先決。

気光整体は、“勝手に筋肉は緊張しない” “勝手に骨は歪まない”と考えます。

靭帯、筋膜、骨膜等に異常が起こると、

これらを修復しようと筋肉が無駄に働き、筋緊張状態になる。

筋肉の緊張は、自律神経の交感神経を緊張させ、

緊張が続くことで自律神経アンバランスとなる。

気光整体施術で波動検査をすると、

星状神経叢、椀神経叢、迷走神経などの緊張状態がわかる。

電気配線でいうところの配電盤の役割である神経叢が

正常に機能していれば、体のバランス改善指令が

正しく隅々まで送られ、体温調節が上手にできて熱中症にならない。

靭帯、筋膜、骨膜などの異常を治し筋肉の緊張を正しておくことで、

自律神経のバランスが良くなり、熱中症に限らず、病気予防になります。

Filed under: いっ歩からお知らせ,施術事例(その他) — ippo2006 4:50 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.