手甲の固定方法

60代看護師のAさん、膝が痛くて階段を昇るのが辛いと

定期的に来院され、階段の昇り降りも気にならなくなり、

喜んでくださっていました。

そのうちに、右肩が痛くなったと来院。

点滴を吊り下げる動作も大変で、病院の患者さんに

私がやりますかと同情されたそうです。

動作確認で、腕を体側から上げると水平位置で痛みが出ます。

波動検査すると、肩関節、首 、肋骨、肩甲骨など

全てに異常反応が出ます。

全身を施術後、ベットに腰かけていただき、

肩を動かしながら、再度波動検査エネルギー注入し、

肋骨の歪みを治して、動作確認をしていただくと、

腕が耳に届くまでになりました。

まだ少し違和感を感じるようなので腕の固定をすすめました。

私の手でAさんの腕を軽くつかみ、

『この程度の軽い圧のサポーターを24時間してみてください』と・・・

今までは、体を固定する物は伸び縮みしない物が良いと

手甲の代用にマジックテープで作ったバンドをすすめていました。

伸び縮みしない物で固定しようとすると、

ほとんどの方がずれないように強く装着してしまいます。

緩く固定しているつもりでも、ずれないように巻くと、

肩や背中の筋肉が逆に緊張してしまいます。

2週間後に来院されたAさん

すぐにサポーターを買って24時間着けてみたそうですが、

肩の状態はほとんど変わらない、よくならないとの事。

どのようにしているか確認すると、

肘の近くにしていて、圧が少し強いサポーターです。

肩の緊張具合を確認し、このサポーターを4~5cm手首側に移動すると

肩の筋肉が柔らかくなります。

本人も分かったようで、“こんなに優しくていいんですね” と・・・・

体を固定する物は強く締め過ぎると、靱帯が緩んでしまい、

筋肉は緊張状態になってしまうのです。

手を使い過ぎると(日常生活だけでも)

前腕骨間膜【肘と手首の間の橈骨と尺骨を繋ぐ薄い膜・靭帯】が緩み、

これを治そうと筋肉が緊張状態・・・・・

これが原因で頭痛やめまいなども起こります。

くれぐれも鎮痛剤で良しとしない選択をしてください。

****  ****  ****   ****

#筋膜~腱・靭帯~骨膜・粘膜・髄膜・等・等の

異常まで“波動確認”して対処できる

#気光整体(気光エネルギー整体療法)協会会長

東陽:http://www.t-kikou.com

#気光整体 いっ歩 http://www.ippo2006.com/

 

 

 

 

Filed under: 肩こり・首痛 — ippo2006 8:51 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.