原因不明の腰痛

M君 男子高校生

サッカー有名高校のサッカー部員M君が

1か月前から腰に痛みを感じるようになり、

ホームページを見てお父さんと来院されました。

高校担当の整骨院で診てもらった時には、

“悪いところはありません”と言われたそうです。

痛みがあるのですから、必ず悪い箇所はあるはずです。

“私には悪いところがわかりません”と言うべきでは・・・

いろいろ整骨院や整体院を受診したが、痛みは変わらず、

由比の整体の話を聞いたので、いっ歩ホームページを検索したのだそうです。

体を動かすと腰が痛み、仰向けで寝ると腰に違和感を感じるとの事です。

動きを診ると、立った状態の前屈では80度曲げた辺りで痛みがでます。

後ろに反るのは痛くないようですが、反り方が不自然です。

ベットに仰向けに寝てもらい、膝を曲げてお腹の方に寄せて

もとに戻す時に痛みがあります。この痛み方は足が原因で、

お腹の大腰筋や腸骨筋が緊張状態になり、腰痛を起こしていると診ました。

気光整体の言霊対話徒手確認で検査すると、大腰筋膜、腸骨筋膜が異常と出ます。

基本通り、土台の足から異常を徒手確認していくと、痛いところだらけです。

足指を力ませて反らせ、足の裏全体が赤く熱を持ち足首からむくんでいる。

錦帯橋テクニックと置き針やす療法で、足の筋緊張の原因を解消し、

鼡径靭帯、恥骨靭帯、前後両仙腸靭帯など骨盤周囲の靭帯を正常にし、

大腰筋膜、腸骨筋膜を治して、痛みの出た前屈をしてもらって確認。

まだ、90度くらい曲げた時に少し違和感があります。

二軸調整をサッカー使用にして、残った違和感もなくなったところで、

足指の鍛え方や靴の履き方などを伝え施術終了しました。

結果には原因が必ずあります。人間の体は精密機械より複雑です。

そして感情という形の見えないものなどに大きく影響されます。

痛みや異常を訴えた時に、訴えた箇所に問題がないと診断されることは

多いと思います。原因を見つけず解決もされず、そのままで生活を送れば

痛みを回避させ痛みをかばってバランスを崩し、他の部位を痛めることに

なってしまいます。痛みがあるのに不安を抱えながら頑張り続けてしまい、

悪化させてしまわないよう、いっ歩に御縁のあった方が、

明日を気持ちよく迎えてもらえるようにと願います。